法律相談をご希望の方へ

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な 取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

 

プライバシーマーク

 

当事務所の個人情報保護法方針

採用応募者の個人情報の取扱について

取り扱い業務

労働問題

Q&A

Q.労働審判とはどのような手続ですか。また、弁護士は何をしてくれるのですか。

A.以下の図をご参照ください。

Q&A

Q.突然解雇されてしまったのですが、どうしたらよいでしょうか。

A.まずは、解雇理由を把握するため、使用者に退職証明の交付を求めて下さい。また、引き続き就労する意思がある場合には、そのことも書面で伝えておきましょう。

解雇が認められるためには、

1 人員削減の必要性が存在すること(人員削減の必要性)
2 解雇を回避するための努力がつくされたこと(解雇回避努力)
3 解雇される者の選定基準及び選定が合理的であること(被解雇者選定の合理性)
4 事前に、説明・協力義務を尽くしたこと(解雇手続の妥当性)
が必要です。

解雇を争う場合、解雇につき損害賠償請求する場合には、上記のような手続を踏むことになります。

ページトップへ
| トップページ | 事務所案内 |事務所イベントマップ | 取扱業務 | サイトマップ |